プロフィール

レイ

Author:レイ
ニューヨーク勢が市場に参加するのは、ロンドン市場の後場になる。それまで小幅だった市場に、突然活気が生まれ為替レートが動き出すことは珍しくない。

ニューヨ-ク時間 am8:30 ロンドンでは pm1:30 日本では pm9:30[summer] この時間は米国の経済指標が発表されることが多い。また参加者も多い。$[US]の方向性に影響を与えるこの時間帯は、世界中のデイーラーが注目する。そして市場はその数値によって動き出す。


ブックマークに追加する

為替情報

スポンサード リンク

NYニューヨーク外国為替市場

東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場
世界三大市場で最も値幅の取れるニューヨーク市場

このニューヨーク市場は、日本でも夜間から参戦できる最も注目度の高い市場でもあります。


■NYニューヨーク外国為替市場について

当サイトは
⇒外国為替証拠金取引に関する情報サイトです。
⇒外国為替レート・外国為替相場などFX外国為情報の掲載を予定しています。

これまで銀行に限られていた「通貨の交換」が、外為法の改正により誰でも気軽に取引できるようになった。国内預金の低金利やペイオフ解禁などで、自分の資産をどう運用するか迷っている方には必見。新しい投資法、「外国為替」の魅力をご紹介します。
 


■スポンサード リンク




■外国為替相場の経済影響

通例は景気が拡大するとその国の通貨は上昇します。例えば、日本の景気が変わずに米国の景気が拡大したと想定する。このとき、景気拡大による金利上昇から米国の金利商品に対する購入需要が増大することになります。つまり、ドル買/円売--の現象が起きてきます。


■外国為替のリスク回避

外為(FX)はレバレッジにより数十倍もの大きな取引ができるため予測を見誤れば大きな損失も負い兼ねない。そこで、投資家のリスクを想定した「マージンコール」「ロスカット」「逆指値」「損切り」などの手法があります。ルールは自分が決めるものです。利益を追求したいか?損失を抑えたいか?それは、投資家の性質次第です。


■外国為替レート/チャート表

円相場 --- レート/チャート表の掲載

USDJPY1week
USD/JPY1week"

EURUSD1week
EUR/USD1week"
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:[外国為替動向]ニューヨーク市場
■ドル/円
   
終値       116.27/30
始値       115.46/49
前営業日終値 115.76/78 (31日)
 

■ユーロ/ドル 

終値       1.3602/05
始値       1.3562/64
前営業日終値 1.3628/30 (31日)


■ダウ工業株30種(ドル)

終値         13448.86(+ 91.12)
前営業日終値   13357.74(+119.01)


■ナスダック総合

終値         2630.24(+33.88)
前営業日終値   2596.36(+31.06)


■S&P総合500種指数

終値        1489.42(+15.43)
前営業日終値  1473.99(+16.35)



■ニューヨーク市場概況

連休明け4日のニューヨーク外国為替市場で円相場は三営業日ぶりに反落。アジア、欧州市場の流れを引き継ぎ、115円台半ばに上昇して始まったが、円買いは続かなかった。

連休明けのニューヨーク株式相場は、8月の米製造業景況指数は52.9と前月から低下にとどまり、米経済動向に対する懸念を緩和したことを受けて買いの安心感が広がり、優良株で構成するダウ工業株30種平均は続伸、高値で引けた。ハイテク株中心のナスダック総合指数も続伸。ニューヨーク株式相場が堅調に推移したことから、米株価と逆影響の傾向にある円は売られた。

また、米政府と金融当局が先週末、住宅金融問題について前向きな対応を表明したことも買い安心感につながっており、売り込まれていた証券株を中心に買戻しが入った。


「割安感が出ていたところに相場が落ち着いたことで買いを入れやすくなった」(中堅証券)

「株式が依然として為替を主導している。市場は今のところ、米成長が急激に減速するとの見方は織り込んでいない」(為替ストラテジスト、ボリス・シュロスバーグ氏)



■本日のスケジュール

<国内>
11:00 与謝野官房長官、定例記者会見
12:00 渡辺金融担当相講演(14:00迄)
16:00 与謝野官房長官、定例記者会見
17:00 額賀財務相、定例記者会見

<海外>
08:30 豪準備銀行が政策金利発表(6.50%で現状維持の公算)
17:00 ユーロ圏・8月サービス部門PMI(予想57.9、7月58.3)
17:30 英・8月サービス部門PMI(予想56.5、7月57.0)
18:00 ユーロ圏・7月小売売上高(前月比予想+0.3%、6月+0.4%)
21:15 米・8月ADP全米雇用報告(予想+8.3万人、7月+4.8万人)
22:00 カナダ中銀が政策金利発表(4.50%で現状維持の公算)
23:00 米・7月中古住宅販売成約指数(予想-2.0%、6月5.0%)
03:00 米・地区連銀経済報告
米FRB・財務省下院金融委員会公聴会証言(クレジット及び不動産ローン市場の危機)
APEC閣僚会合(シドニー、6日迄)







スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © NYニューヨーク外国為替市場 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。