プロフィール

レイ

Author:レイ
ニューヨーク勢が市場に参加するのは、ロンドン市場の後場になる。それまで小幅だった市場に、突然活気が生まれ為替レートが動き出すことは珍しくない。

ニューヨ-ク時間 am8:30 ロンドンでは pm1:30 日本では pm9:30[summer] この時間は米国の経済指標が発表されることが多い。また参加者も多い。$[US]の方向性に影響を与えるこの時間帯は、世界中のデイーラーが注目する。そして市場はその数値によって動き出す。


ブックマークに追加する

為替情報

スポンサード リンク

NYニューヨーク外国為替市場

東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場
世界三大市場で最も値幅の取れるニューヨーク市場

このニューヨーク市場は、日本でも夜間から参戦できる最も注目度の高い市場でもあります。


■NYニューヨーク外国為替市場について

当サイトは
⇒外国為替証拠金取引に関する情報サイトです。
⇒外国為替レート・外国為替相場などFX外国為情報の掲載を予定しています。

これまで銀行に限られていた「通貨の交換」が、外為法の改正により誰でも気軽に取引できるようになった。国内預金の低金利やペイオフ解禁などで、自分の資産をどう運用するか迷っている方には必見。新しい投資法、「外国為替」の魅力をご紹介します。
 


■スポンサード リンク




■外国為替相場の経済影響

通例は景気が拡大するとその国の通貨は上昇します。例えば、日本の景気が変わずに米国の景気が拡大したと想定する。このとき、景気拡大による金利上昇から米国の金利商品に対する購入需要が増大することになります。つまり、ドル買/円売--の現象が起きてきます。


■外国為替のリスク回避

外為(FX)はレバレッジにより数十倍もの大きな取引ができるため予測を見誤れば大きな損失も負い兼ねない。そこで、投資家のリスクを想定した「マージンコール」「ロスカット」「逆指値」「損切り」などの手法があります。ルールは自分が決めるものです。利益を追求したいか?損失を抑えたいか?それは、投資家の性質次第です。


■外国為替レート/チャート表

円相場 --- レート/チャート表の掲載

USDJPY1week
USD/JPY1week"

EURUSD1week
EUR/USD1week"
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:[外国為替動向]ニューヨーク市場


■ニューヨーク市場概況

週明け22日のニューヨークの外国為替市場では、世界の株式市場の下落を背景としたリスク回避の動きから、ドルはユーロに対して上昇したが、円に対しては下落した。

週末の7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議でドル安やユーロ高への懸念が直接示されなかったうえ、世界的な株安もあり、世界経済をめぐる懸念が続いている。この日の外為市場でもっとも上値を伸ばしたのは円だった。ユーロは9月18日以来の安値となる160円47銭まで下落し、一方、ドルも9月10日以来の安値113円25銭まで下げた。



スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:[外国為替動向]ニューヨーク市場


■ニューヨーク市場概況

18日のニューヨーク外国為替市場では、米信用不安などを手掛かりにユーロが買われ、朝方には1.4311ドルと最高値を付けた。

ユーロは、17日に発表された低調な米住宅関連指標や米株価の下落、原油価格の高騰などを背景に、上昇の道を辿っていた。米銀2位のバンク・オブ・アメリカの決算内容では、四半期決算が32%の減益だったことが発表された。これによりサブプライムローンがらみの影響の根深さが改めて認識され、発表後、ユーロがドルに対して最安値を更新するには時間がかからなかった。ユーロは1.4311ドルの過去最高値まで上昇した。







DATE: CATEGORY:[外国為替動向]ニューヨーク市場


■ニューヨーク市場概況

17日のニューヨーク外国為替市場では、米国9月の住宅着工件数が過去14年間で最低の水準まで落ち込んだことから、ドルはユーロに対し小幅下落した。19日のG7を控え多くの市場参加者が消極的になっていることに加え、米株市場が再び下落したので、ドルはおおむねレンジ取引となった。一方、円に対しては、ほぼ横ばいで推移したが、ダウ工業株30種平均が約20ポイント下げるなか、リスク回避による円キャリー取引の拡大を敬遠したため円は上昇した。


DATE: CATEGORY:[外国為替動向]ニューヨーク市場


■ニューヨーク市場概況

16日のニューヨーク外国為替市場では、米株市場が下落し続け、米国からの大量の資本流出を示す国際資本動向統計も発表されたが、ドルやユーロ相場では、大きな反応がみられなかった。対して円は、株安でリスク許容度が低下、海外市場で円が買い戻された流れを引き継ぎ、アジア、欧州市場で円キャリー取引の巻き戻しが出た。幅広い通貨に対して円が買われ、対ドルでも円は上昇した。

週末19日のG7を控え、警戒感からポジション調整の円買いも入ったもよう。




DATE: CATEGORY:[外国為替動向]ニューヨーク市場


■ニューヨーク市場概況

11日のニューヨーク外国為替市場では、ユーロがニューヨーク市場でドルに対して1セント以上の上昇をみせた。この日発表の米経済指標の内容が良かったにも関わらず、ユーロは高値1.4241ドルをつけ、過去最高値の1.4283ドルに迫った。

一方円は、午前中は米株式相場が堅調で、ダウ工業株30種平均は史上最高値を更新。これを受け円キャリー取引が優勢となりドルは一時117円79銭まで買われた。しかし、午後に入り株式相場が下げに転じると、ドルも急速に伸び悩み、117円01銭まで水準を切り上げる場面もあった。


マーケットの関心は月末のFOMC米金利動向に移行しており、本日NYタイムには生産者物価指数と小売売上高の2つの重要指標が発表される予定となっている。



DATE: CATEGORY:[外国為替動向]ニューヨーク市場


■ニューヨーク市場概況

10日のニューヨーク外国為替市場では、際立った経済指標がない中、方向性も定まらず大きな動きは見られなかった。ドルは主要通貨に対して狭い値幅で小幅推移した。

また米株の下落を受け、リスク志向の後退もややみられた。このため、アジア市場や欧州市場では高金利通貨で運用する「円キャリー取引」により円に対してドルやユーロが買われたが、上値を伸ばすには至らなかった。

終日静かな商いの中、来週末に開催される先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)まで、基本的にこのようなケースが続くかも知れない。また、「週末発表の小売売上高などを見極めたいムードがあり、ドルは積極的に買えない」(外為ディーラー)との声もあった。


DATE: CATEGORY:[外国為替動向]ニューヨーク市場


連休明け9日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録公表をきっかけに急反発した米株価を眺めてドル買いが進み、ドルは対ユーロで下落に転じたが、対円では米株価急伸に伴って、低金利の円を売ってリスク投資に充てる「円キャリー取引」が促され、円安・ドル高方向へと動いた。

先週末の米雇用統計が堅調だったことを受け、8日はドルが上伸した。しかし、連休明けの9日は、FOMC議事録での内容を受けドルは一時やや上昇したものの、サブプライム問題など米経済の基礎的条件の不安から投資家がユーロや円を買う動きに転じた。



DATE: CATEGORY:[外国為替動向]ニューヨーク市場


■ニューヨーク市場概況

ニューヨーク8日の外国為替市場では、薄商いのなかドルが主要通貨に対して上昇した。5日に発表された強い米経済指標が原動力となる一方、日本、米国およびカナダ市場が祝日で休場だったため、新たな材料への反応を欠いた。

FRBが先月、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標と公定歩合を0.5%引き下げたことから、ドル相場は下落してきた。しかし、今週12日に発表される米9月の小売売上高と卸売物価指数(PPI)が、5日に発表された9月の雇用統計と同じかそれ以上の好材料となった場合、追加利下げの公算は小さくなるだろうとみられている。(ダウ・ジョーンズ)

先週末の米雇用統計が予想よりいい数字になったことを受け、米景気後退懸念は和らいだといえる。来週末に実施されるG7会合に向けてドルの動向には注意したい。またG7で為替について議論されるとの見方もある。どちらにせよ要人発言や経済指標などには注視したい。





copyright © NYニューヨーク外国為替市場 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。